• covid-19中のドバイ

ドバイの歴史

 

XNUMXつの島とその水域に広がる都市であるドバイは、アラブ首長国連邦で最大の都市です。 ペルシャ湾とその地域の輸送と貿易のハブとして、ビジネスハブとして大きな成功を収めています。 ドバイの街は、世界で最も国際的な都市のXNUMXつです。

 

進化:砂から名声の王国へ

砂で造られた貿易港から近代的な大都市へのドバイの成長の物語は、それが複雑であるのと同じくらい興味深いものです。

ドバイの街は、砂浜から立ち上がることで常に知られています。 もともとは、11、3,000年の遊牧生活を経て16世紀にこの地域に移住したアデニと呼ばれる遊牧民のグループが住んでいました。 中世の間、都市は「マムルーク」によって支配され、20世紀には「オスマン帝国」が続き、20世紀初頭に大英帝国が支配するまで支配していました。 周辺地域での石油の発見は、XNUMX世紀後半にドバイを設立することにつながりました。

 

ドバイは1833年に設立され、現在XNUMX万人以上の人口を抱えています。 過去XNUMX年間で、都市は劇的に成長し、人口はさらに急速に増加しました。 その急速な成長により、ドバイは世界で最も国際的な都市のXNUMXつになり、事実上すべての国籍の居住者を見つけることができます。

 

1960年代に石油が発見されたことは、ドバイの発展において最も重要な転換点となりました。 地域全体からの外国人労働者がドバイに群がった。 世界最大の港の設立と、この地域の自由貿易地域への転換は、この地域に前例のない成長をもたらしました。 イギリスは18世紀の終わりにこの地域を統治し、1950年代初頭に1971つの首長国間の協力を奨励しました。 XNUMX年にスポンサーシップが撤回されると、首長国は独立して団結しました。

 

1980年代と1990年代に、首長国はこの地域での不安定な出来事に包囲されましたが、シェイクザイードビンスルタンアルナヒアンのつながりと多額の資金によってそれらを克服することができました。

それ以来、ドバイは、前例のない規模で建物やプロジェクトのインフラストラクチャを構築および開発するために外部投資を奨励するために、その富とその領土に移動した多数の労働者を活用し続けています。 何年にもわたって、ドバイは地元の文化、遺産、伝統と比類のない現代性、革新性、豪華さ、名声を組み合わせた壮大な観光地になりました。

 

卓越した観光地

エミレーツ航空は、ドバイが世界で最も魅力的で興味深い目的地のXNUMXつに発展するにつれて、観光客のニーズに適応し始めました。

 

エミレーツにはさまざまなアトラクションや娯楽施設があり、純粋な楽しみに満ちた休暇を提供する無数のサイトがあります。 海で一日を過ごしたり、立ち寄るまで買い物をしたり、記録的な建物の建築の驚異に驚いたり、高層ビルを散歩したりするかどうかは関係ありません。ドバイにはすべてが揃っています。

 

都市を発展させ、増加する地元の人々や観光客に対応するために適応する過程で、公共交通機関が開発され、洗練されて、世界中の他の国の模範と役割のモデルになりました。 市内のどの地点からでも簡単、迅速、そして最も重要なことに、地下鉄、バス、タクシー、レンタカー(スポーツや高級車を含む)などのさまざまな交通手段のおかげで驚くほど安く移動できます。

 

さらに、ドバイの先進的で近代的な都市への変革の一環として、観光客が近代的な大都市への変革の一環として、市内のほぼどこからでもインターネットにアクセスできるようにするWifiネットワークが市内全域で利用できます。 何を選んでも、サーフィンパッケージを使わず、地元のSIMカードを購入しなくても、インターネットを使って友人や家族とコミュニケーションを取り、美しい景色を撮影してアップロードしたり、さまざまなサイトやアトラクションにチケットを問い合わせたりすることができます。働き詰めで。

 

金の街ドバイ

ドバイの近代的な発展は、英国の植民地よりもドバイ自体に負うところが大きい。 市は交易所として設立され、武器やその他の商品の重要な中心地でした。 イギリスの影響がこの地域全体に広がるにつれて、ドバイは貿易と商業の中心地になりました。 数多くの交易路が確立され、繁栄しました。 たとえば、英国が支配するマスカット市は真珠産業の中心的な市場であり、真珠はドバイやこの地域の他の都市からインドや世界の他の地域に輸出されていました。

 

ドバイの創設者であるシェイク・ラシッド・ビン・サイード・アル・マクトゥームは、石油が豊富な中心地としてのドバイの未来を確保する上で重要な役割を果たしました。 ドバイを世界地図に載せることが彼の夢でした。

街を探索する以外に、ドバイの歴史についてもっと知りたい場合は、ドバイの史跡やさまざまな美術館を訪れるのがいいでしょう。

 

伝統と技術が融合する

ドバイは世界の他のどの都市とも異なります。 場所の豊かな歴史と遺産を進歩、革新、素晴らしさと組み合わせたこのような成功した計画はめったに見られません。 ドバイは、観光客と市民に両方の長所を提供します。これは、西洋文化とアラブ文化の魅力的な融合です。 多くの快楽主義的な喜びが利用可能であるにもかかわらず、これはまだイスラム教徒の国であることを心に留めておくことが重要です。 伝統を守り、地元の慣習を尊重することになると、地元の法律は妥協を許しません。 どのイスラム教国でも、他者に対する謙虚さと敬意を維持する義務があり、州の法執行当局による強力な執行もあります。

 

声明には非常に明確な行動規則があり、施行の強化により、街は犯罪率が非常に低く、すべての居住者と観光客にとって快適で敬意のある環境で安全な場所になっています。

 

あなたのためのいくつかの便利なリンク–

トラベル COVID-19の間 ドバイで

探している 旅行保険?

ドバイで市内観光をする

それでも予約しなかった場合 フライト

レンタル プライベート高級車

最高のものを比較する ドバイの5つ星ホテル