• covid-19中のドバイ

ドバイの行動規範

 

 

文化を超えて、行動規範は社会規範の一部です。 西側のほとんどの国で広く受け入れられているいくつかの規則は、必ずしもイスラム諸国の慣習や行動と一致しているわけではありません。 アラブ諸国の多くの規則や慣習は、特定の場所で受け入れられている(または無効になっている)ため、違反すると、制裁、罰金、および違反に対する罰則が科せられる場合があります。 このため、ドバイに飛行機で行く前に、ドバイの法律や文化的慣習をよく理解しておくことをお勧めします。

 

ドバイは多くの分野で進歩していますが、独自の習慣、行動規則、服装規定、および西洋のスタイルとは異なる法律があります。 全国には、イスラム法だけでなく、地元の伝統や文化に従う多くの規則があります。 地元の人も観光客も、公共の場所に掲示されている法律と受け入れられている行動規則を思い出させる標識を見つけるでしょう。

 

休日を台無しにしたり、ビジネス活動を損なう可能性のある不快な状況を回避するために、国を訪れる観光客やビジネス旅行者は、地元の慣習に従うことが奨励されています。

 

指導者と国家のシンボルのマナーと尊重

地元の指導者、州のシンボル、または州の財産の尊厳を傷つけることは固く禁じられています。 州の指導者とその象徴についての言説に従事しないようにしてください。 さらに、ドバイの法律に​​書かれているように、サイト、旗、指導者の画像、軍事施設、航空機、宗教的なサイトを指すことは控えてください。

 

公共の場での行動

地元の文化では、環境と公共の場を共有するすべての人々を尊重するのが通例です。 私たちが身近な環境で慣れ親しんでいることに反して、ドバイでは、会話中に大声で話したり、叫んだり、電話で大声で話したり、手のジェスチャーで「助けを求めたり」することは習慣的ではありません。 冒とく的な言葉や目立つまたは露骨な手のジェスチャーの使用は、無礼な行動として認識され、場合によっては、法執行機関との絡み合いにつながる可能性があります。

 

てぶり

鈍くて荒い手のジェスチャーは、ドバイでは一般的に無礼であると見なされており、現地の法律の下で起訴および罰せられる可能性があります。 原則として、人、シンボル、施設、建物を指さないでください。 それでも指さしたい場合は、XNUMX本の指ではなく手全体を使用してください。

 

愛情の表現

イスラム教徒の国として、公共の場所で愛情を示すことは受け入れられません。 性別間の密接な接触、抱擁、キス、またはあらゆる種類の愛情はできるだけ避けてください。 許容できるジェスチャーは、配偶者と手をつなぐことですが、それを超えることはできません。 また、結婚していない配偶者間の愛情や接触の表現は適切でも合法でもありません。

 

LGBTQ+カップルに関する一言

残念ながら、ドバイにはLGBTQ +のカップルに関する法律があります。 国内で犯罪と定義されているような関係において、愛情表現や接触を公に示すことは避けることを強くお勧めします。

 

写真を撮る

世界の多くの場所で好きなだけ写真を撮ることが一般的ですが、ドバイではそれは異なります。

サイトや政府または軍の建物の写真撮影は禁止されています。 特定の宗教的な場所や建物の写真も禁止されているため、そのような場所を訪れるときは、写真撮影やフラッシュ写真撮影が許可されているかどうかを確認することをお勧めします。

 

アルコール、喫煙、および薬物

レストラン、娯楽施設、ホテル内の特定の複合施設など、承認された指定の場所での飲酒は許可されています。 公園などの公共の場所での飲酒は禁止されており、飲酒運転は重い罰金や懲役刑につながる可能性があります。 この分野では厳格な施行とゼロトレランスの方針があるため、アルコールを消費する際には過度の責任を負わなければなりません。 非イスラム教徒の場合、21歳からアルコールの摂取が許可されています。

 

薬物は固く禁じられています! 人身売買、薬物の購入、使用は法律の重大な違反であり、州では罰則が厳しくなります。

観光客が使用を確認する処方箋を持って来たとしても、アラブ首長国連邦では使用が禁止されている特定の薬さえあります。 この件に関する情報は、ドバイ空港のWebサイトにあります。

喫煙は18歳以降にのみ許可されています。屋内、神聖な建物、公共の建物での喫煙は許可されていません。 12歳未満の子供がいる車両での喫煙も禁止されています。

 

ドレスコード

ほとんどのアラブ諸国と同様に、ドバイのドレスコードは控えめです。 服装を明かすことは容認できず、地元の人々に対して不快感を与えると見なされています。 観光客は不適切な服装で地元の警察に叱責されないことがよくありますが、肌が多すぎると地元の人から苦情が出る可能性があります。 これにより、罰が適用される可能性があります。

 

罰の恐れが実際にない場合でも、地元の人々、彼らの文化、価値観を尊重するように、控えめかつ適切な服装を心がけてください。 聖地や政府機関を訪問する際には、特に注意を払う必要があります。 聖なる場所では、女性は頭を覆い、腕と肩を衣服で覆う必要があります。 モール、市場、レストランなどの公共の場所では、自由に歩き回ることができますが、適切に行動していることを確認してください。

 

西洋の世界とは異なり、水着はビーチや遊歩道では受け入れられませんが、閉鎖されたプールまたはプライベートビーチでのみ受け入れられます。 安全を期すために、訪問したいビーチやプールの通常の服装についてホテルに尋ねてください。

 

地元の人々との交流

叫ぶことなく、他の人やあなたの環境にいる人を尊重する方法で、低い声で話すようにしてください。

地元の人々と交流するときは、彼らが自分で始めない限り、友好的な方法で彼らの体に触れないようにしてください。 これは、西洋で通例であることに反しています。 男性と握手するときは、通常より長くなる可能性があることに注意してください(ドバイでは通常のことです)ので、急いで握手を終了して手を離さないでください。反対側がそうするのを待ちます。 ドバイでは、女性とのハンドシェークは受け入れられないジェスチャーです。女性に手を差し伸べることは完全に避けてください。

 

足の裏が上がるように、またはもっと良い方法で足を休めると、他の人と向き合うことは、目の前の人の質を低下させると見なされます。 したがって、必ず足を床に置いて座ってください。 女性が片方の足をもう一方の足の上に乗せて座っている場合、それは誘惑的で無礼な行為と見なされます。

 

いかなる方法でも政治について話すことは避けてください。 そのような言説は、地方自治体の批判につながる可能性があり、あるいは相手方によってそのように誤って認識される可能性さえあります。 さらに重要なのは、王族や地方自治体については決して話さないことです。 このトピックを取り巻く会話に自分自身を見つけた場合は、常に国のすべてが素晴らしいと言って談話を閉じるようにしてください。 おもてなしと経験は素晴らしかったです。

 

結論–尊敬、名誉、尊厳

ドバイは魅力的であり、この忘れられない国を訪れた経験は、これからも長く続くでしょう。 ただし、訪問を楽しんで、(少なくとも)恥ずかしさや、最悪の場合は罰金や重い罰則を回避するには、その国で受け入れられる方法で行動することが不可欠です。 地元の文化では、他者や環境を尊重することに重点が置かれています。 この規範から逸脱すると、多大なコストがかかる可能性があります。 したがって、謙虚に、礼儀正しく、丁寧に、そして忍耐強く行動し、あなたの行動と行動を完全に認識し続けてください。

また、ラマダンの数か月間、ドバイには行動規則やその他の関連法があることを知っておくことも重要です。 これには、公共の場での飲食の禁止、大音量での音楽の再生などが含まれます。 することをお勧めします ドバイのラマダンについて多読 訪問する前に。